修行:簡単なアプリを作る(だるまおとし)- その1

今日から、修行だーーっ!

気合い入れたはいいけど、
2年以上もプログラマしてないので、どっから手をつけたらいいのか分からない・・

考えててもしょうがないし、とりあえず簡単なゲームを作ってみることにしました!

はい、仕様書できたよ!

game_siyou.jpeg

小槌をどう表現しようか悩んだんだけど、最初は、指ではじいてみることにしました。

では、早速、制作開始。
まずは、Blenderでねこの頭と、胴体のモデルを作ります。

はい、完成!

models.png

頭のマテリアルには、テクスチャマッピングしました。
胴体は色(白)だけ設定です。

次に、モデルをfbx形式でエクスポートして、Unityに取り込みます。
頭と胴体はプレハブ化して、胴体は5個複製。
それから、頭のマテリアルにテクスチャを設定するよ。

あれ??マテリアルのInspectorがすんごい変わった?!
うんと、たしかテクスチャはAlbedoだよね??

material_head.png

これ、Shaderスクリプトいじらなくても、ある程度、自由に設定できるようになったってことかな。
知らない間に、Unityさんは、どんどん進化してるんだね!

少々うろたえたけど、ひとまず、こんな感じになりました。
まぁまぁ、いいかんじでしょ?

nekodaruma.png

次は、いよいよスクリプトだけど、
疲れちゃったので、今日はここまで。

また、明日〜!

【追記】
つづきは、こちら↓
修行:簡単なアプリを作る(だるまおとし)- その2


この記事へのコメント